格安ED治療薬の落とし穴

危険について考える
ED治療薬が安く手に入るネット通販は病院で処方してもらうよりずっと手軽ですが、思わぬ危険が潜んでいるかもしれません。

ED治療薬を扱う4社が国内で行った調査によると、インターネットで出回っている薬の40%は偽物でした。

あなたの買った治療薬は本物ですか?安全ですか?

◆通販ならではのリスクがある
通販サイトには本物ソックリな偽物の治療薬が紛れています。格安で買えると思って飛びついた商品が偽物だったら、どんな被害が考えられるでしょうか。

2011年1月に国内の救急外来に訪れた男性は、重篤な低血糖症を発症していました。冷や汗をかいてふらつく男性・・・実は偽造されたシアリスの服用が判明しました。また海外では、偽の治療薬を使用した患者の死亡例も出ています。

悪質業者が販売している薬は、不潔な環境での製造や不純物を含んでいるなどの問題点が挙げられています。

◆安全なED治療のためにできること
安全にED治療薬を買うためには、信用できるサイトで買うこと。あなたは詐欺サイトを見破れますか?どんなサイトなら信用してもいいのでしょうか。3ポイントに絞って伝えます。

1.運営業者が存在している
 詐欺サイトの中には、実際には存在しない住所で登録しているケースがあります。
 運営事業者を検索してみましょう。グーグルマップで調べても出てこない場合は、疑った方が良いでしょう。

2.正規の値段で売られている
 他のショップと見比べて、明らかに値段が安すぎる場合はあやしいですね。また他では在庫切れになっている商品が売られている際も、要注意です。

3.支払方法が選べるか
 偽サイトは銀行振込にしか対応していません。クレジットカード払いやコンビニ支払いにするには、審査を通過する必要があるからです。支払い代行業者は、運営者の本人確認を行っています。
 

以上の3つを確認すると、騙されて偽造薬に出会うリスクを減らせるでしょう。前もって知識をつけておけば安心して治療薬を買えますね。しかしどこに危険が待ち伏せているか、分かりません。通販利用は細心の注意を払ってください。

(ディスクリプション)
格安ED治療薬には偽物が紛れています。通販利用に伴うリスクについて、説明しています。偽造品を使用すると、どうなるのでしょうか。安心して、治療薬を手にする方法を教えます。