バイアグラよりも早く効くED治療薬はコレだ!

頼りになるレビトラ
レビトラはED治療薬の中で、もっとも早く効くと言われています。
「急にセックスする流れになったけど、薬が効くまで待てないよ・・・」
「今すぐに勃起できる薬はないの?」

ここではレビトラの特徴や副作用・副作用を軽減させる方法について説明していきます。

▶なるはやで勃たせたい時に役立つ
レビトラを服用すると、わずか15分ほどで有効成分であるバルデナフィルが働き始めます。

薬剤の血中濃度がピークに達し、もっとも強く作用するまでにかかる時間は45分です。バイアグラの場合は効き始めるのが30分、ピークに達するのが1時間です。

比べてみると、レビトラの即効性が分かりますね。

バルデナフィルは、性器の血管を拡張させ勃起を促します。
前もって薬を飲めなくて、今すぐ勃起させたい時もありますよね?それを叶えてくれるのがレビトラなのです。

▶早く効く代償は…
飲んだ後およそ15分・・・たちどころに効いてくれるレビトラですが、その分副作用が出やすいという面も。

ED治療に使われる薬は、勃起を促すために血管を広げたり血液の巡りを向上させる作用があります。この働きによってレビトラ服用者の5割は、頭痛・鼻づまり・顔のほてりなどの症状を感じると言われています。

ここでは、できるだけ副作用を抑えて服用するコツを3つ紹介します。

<副作用を軽減するには>
①薬を飲むときは、アルコールを控える
お酒は治療薬と同じように、血管拡張作用があります。過度な飲酒は副作用を助長させるので控えましょう。

②薬の量を減らす
レビトラは10mgと20mgがあります。体質に合わせて適用量を知ることも大切です。

③頭痛薬や胃薬などの市販薬と併用する
ロキソニンやイブなどの市販薬と一緒に飲んで、副作用を軽減することもできます。症状に合わせて検討してみてください。