中年男性が充実したナイトライフを実現するには

中年男性のEDについて

男性機能の不調=ED
・勃たない
・勃っても萎える(中折れ)
などの症状が現れます。

中高年と呼ばれる40~50代の男性は、長い夫婦生活を送っている方が多く「セックスレスになっても仕方がない」と思われています。
40代・50代になっても性欲が完璧になくなるわけではありません。
年を重ねると男性機能も低下していき、「若い頃より硬さが足らない」と思う方も多いのではないでしょうか。
中高年の夫婦でセックスレスになる原因として、EDが理由としてあげられています。
血管のつまりや神経・血管に障害で起こり勃ちにくくなるのがED。

陰茎部分に十分な血流が回らないと、勃起するために必要な“男性器の膨張”が行なわれず柔らかいままで終了。
そこでバイアグラを服用すると、血管を拡張させペニスに血液を大量に送りこみます。
陰茎海綿体と呼ばれるスポンジ状の組織がパンパンに膨らみ=勃起する仕組み。

ムリに勃起させているわけでなく、正常な勃起のメカニズムをバイアグラの成分でサポートしているということです。
バイアグラは病院で処方してもらえますが、保険が効かないため続けると治療費がかさみます。
1錠あたり1,600円で販売されているため、経済的に負担を感じる方も少なくありません。
バイアグラには日本で作られている国産ジェネリックが存在します。
国産ジェネリックは、1錠1,000円で購入できるのでバイアグラよりも格安で治療が可能。
ですがバイアグラには海外製のジェネリック品もあり、国産ジェネリックよりもリーズナブルな価格で買えます。

バイアグラのジェネリック、国産or海外製どっちがいいのでしょうか?
海外製ジェネリックの場合、1錠460円でED治療ができます。
安さだけだと断然、海外製ジェネリックがお得です。
通販サイトから買えるので、通院する時間がとられないというメリットもあります。

国産ジェネリックは、病院でしか処方してもらえないED治療薬。
海外製ジェネリックは、病院では未発売で通販限定のED治療薬です。
自分に合った購入方法を選んで、バイアグラの効果を実感してください。